音律を持たない自由な振動が響きあうトライアングルのようなものづくりの空間へようこそ。


by with-triangle
今年のトウキョウミルキーウェイは東日本大地震後ということもあり、本当の意味でいろいろなことを考えるものとなりました。
被災された方々に心からお見舞い申し上げます。

TOKYO MILKY WAYは2006年に辻信一氏と深瀬鋭一郎氏が雑誌での対談をきっかけに始まったロハスなアートフェスティバルです。真也の無駄なネオンを消せば東京都心でも銀河が見えるはずだというところから、その名がつきました。

都会でも美しい自然の光を取り戻すような、豊かなライフスタイルを、芸術やキャンドルナイトを通じて提案するものです。

芸術・文化が社会と人間に与えるポジティブな影響力を活かし、たおやかに、優美にライフスタイルを変革し、物質にとらわれることなく本当の意味での心豊かな暮らしを感じるきっかけになれば幸いです。

office with Triangleは渋谷区のコスモスレーンギャラリーと東京大学駒場リサーチキャンパスの協力を得て、トウキョウミルキーウェイに参加しました。

6月25日(土)は銀座のキャンドルナイトツアーに同行。
普段は敷居が高くて入りにくい画廊にも足を運びました。
a0154299_8364162.jpga0154299_846534.jpg
手のひらにキャンドルをのせて作品の前にたたずむと、真っ暗な壁からうっすらと作品が浮かび上がり、より幻想的な味わいを堪能しました。その作品の声を聴くように静かに向き合い、自らの感性のスイッチが入る音も聞こえました。

a0154299_8371675.jpg
a0154299_837431.jpg
かわいいキャンドルアートもあり、楽しいひと時を過ごしました。ツアーに同行した方々とお話しながら銀座の街を散歩し、パーティでは様々な模様ものがあり、大盛況でした。

この灯火を渋谷区上原のコスモスレーンギャラリーに同つながるのかわくわくしながら過ごしました。
[PR]
# by with-triangle | 2011-06-28 08:54
トウキョウミルキーウェイの一角で自然の恵を感じながら、アートや建築の話に触れ、そこに流れる音楽や物語や言葉を楽しむひと時を過ごしませんか?
a0154299_20394649.jpg
a0154299_2039586.jpg

その昔、東京の夜空には銀河が見え、その光を見ながら暮していました。銀河はどこに消えたの?
トウキョウが宇宙の果てに近かった頃、自然とあらゆるものが共存し、循環していました。
その本来のライフスタイルをつなぐ感性を吸収できたらいいなぁ。
その想いから、夏至の太陽が一番長くこの地を照らす時期に、電気を消してキャンドルを灯し、自然本来の持つ力に感謝して過ごそうとキャンドルナイトという活動が始まりました。
かつて東京の空に銀河が見えたころのことを思い浮かべて、トウキョウミルキィウェイを復活させようと銀座のギャラリーから始まり、その流れを受けて、代々木上原のコスモスレーンギャラリーもこの活動に参加しています。
太陽を追いかけて西へまっすぐに行くと、陽が沈む方向へ導くコスモス通り。
コスモスレーンギャラリーにキャンドルが灯るまでの時間、その通りにある「くうかん実験棟」を、関係者のご協力を得て、開放していただき、トウキョウミルキィウェイの憩いの場「メゾン・ド・レスト」がオープンします。
ぜひ、遊びに来てください!

【日時】6月26日(日) 2時~4時 :カフェタイム(飲物、お菓子はご持参ください。)
            4時~4時半:ライブリーディング
【場所】東京大学生産技術研究所駒場リサーチキャンパス内くうかん実験棟 目黒区駒場4-6-1 
【map】http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/map/komaba.html (正門からのみ入れます)
【問合せ先】office with Triangle /tel:03-6319-2570  mail:with.triangle@gmail.com 
【詳細】※入場無料
《2時~4時 カフェタイム》 ●アートブックレストを「よむ・きく・みる」ことができます。(エヴィータ)
●くうかん実験棟にまつわる建築のお話が聞けます。(東大大学院建築学専攻院生 立花和樹)
●with Triangleの本や制作活動に関するお話を一緒に楽しめます。(影山公祐・伊藤史織)
《4~4時半 音と言葉と声の世界 第1部》●音楽と物語のライブリーディングを開催します。 
(office with Triangle 語り手・影山公祐/物語作・伊藤史織/協力:音楽・井出祐昭)
※第2部は7時よりコスモスレーンギャラリーにて、キャンドルアート作品に囲まれて行われます。
1部と2部の内容は違います。合わせてお楽しみください。

【コスモスレーンギャラリー】
トウキョウミルキーウェイキャンドルナイト開催中(6月21日~26日)
※26日7時~7時半 音と声と言葉の世界 第2部 コスモスレーンギャラリーにて

a0154299_20323449.jpga0154299_20324492.jpg
ワークショップの詳細はお問合せください。
渋谷区上原2-29-6Kフラッツ(東大リサーチキャンパスと同じくコスモス通り沿いにあります。)
Tel:03-3485-5633 /mail: info@kosmoslane.com
 tel:03-3485-5633  info@kosmoslane.com
[PR]
# by with-triangle | 2011-06-23 20:42 | ライブリーディング
雨の中たくさんの皆様にご来場いただき、まことにありがとうございました。

フランフランの空間に響き渡った音と言葉と声の世界は、ほんとうに夢のようなひと時でした。
来てくださったみなさまの心の輪が広がっていくのを感じながら、ここでしかできないコラボレーションの効果に驚きました。

ご来場いただいたみなさま、フランフランのスタッフの皆様、宣伝広告にご協力いただきました皆様、関係者の各位、本当に心より感謝いたします。

また、ものづくりの楽しさ、素晴らしさを再認識させてくださったアンダーグラフのみなさま、キーボードのサンセットスイッシュ石田順三さん、声で表現してくださった神農直隆さん、音響のみなさま、ぜひまたご一緒にやりたいです!!!
ありがとうございました。

たくさんの感想をいただいているので、まとまり次第またブログでもご報告させていただきます。
a0154299_1235984.gif

[PR]
# by with-triangle | 2011-05-29 16:04 | ライブリーディング
AOYAMA Francfrancにて、アンダーグラフによるインストアチャリティライブが急遽決定!
Produced by With Triangle

a0154299_8451137.jpg


アンダーグラフ=「表面的でない心の奥にある喜怒哀楽を形にした音楽を創っていく。」という気持ちを込めて歌う彼ら。
アンダーグラフの楽曲による「音」と、その楽曲を繋ぐWith Triangleのライター・伊藤史織の「言葉」による物語を、元劇団M.O.Pの俳優・神農直隆さんのライブリーディングでお届けするという新しい世界。通常の音楽ライブではなく、Francfrancという空間だからこそ生まれる心の響きを感じてください。当日はアンダーグラフメンバーによるチャリティCD販売も行う予定です。

入場は無料!たくさんのご来場をお待ちしています。




【アンダーグラフ インストアチャリティライブ at AOYAMA Francfranc ~ Produced by With Triangle】

■日時 :2011年5月28日(土) OPEN/18:30 START/19:00
■会場 :AOYAMA Francfranc
AOYAMA Francfrancアクセスマップ
アンダーグラフ 公式サイトインストアチャリティライブ専用Twitterアカウント @Francf_Ugraph
※今回のチャリティライブについて、@with_triangleスタッフより随時イベント情報を発信していきます。


≪注意事項≫
※どなたでもご覧いただけますが、当日非常に混雑した場合は入場規制となる場合もございます。ご了承ください。
※止むを得ない事情により、イベントの中止・変更をさせていただく場合がございます。
※会場内での録音・録画・写真撮影等は固くお断りいたします。
※イベント問合わせ先
Office With Triangle/Tel :03-6319-2507、
Mail:with.triangle@gmail.com


※東日本大震災への復興支援として募金活動も行います。こちらはFrancfrancを通じ被害に遭われた各都道府県の自治体へ贈呈させていただきます。皆様の温かいご支援、ご協力をお願い申し上げます。
[PR]
# by with-triangle | 2011-05-13 17:00 | イベント

サンザシ

a0154299_10354562.jpg
アンダーグラフの特別シングル「サンザシ」。

「サンザシ」「ハルヲミタ」「サンザシ(INSTRUMENTAL)」の前後に「prologue(プロローグ)」と「epilogue(エピローグ)」が収録されています。

その「言葉」を史織が書きました。
声で表現してくださっているのは声優の麻生美代子さん

「アンダーグラフ」による、「音」と「言葉」と「声」の世界。

短いフレーズですが想いを込めたものが出来上がりました。

アンダーグラフの真戸原直人さんと初めて会ったとき、彼はものすごい勢いで言葉の力について話してくれました。それでも話しきれなくて、台風の日に再会してより深みを持った言葉を探り、一緒にものづくりができるといいなぁと思っていたので、今回の「サンザシ」でその形ができてとても嬉しいです。

さらに、アンダーグラフメンバーともいろんなことやり始めました!

徐々にお知らせしたいと思います。
[PR]
# by with-triangle | 2011-05-05 10:37 | 音楽:music