音律を持たない自由な振動が響きあうトライアングルのようなものづくりの空間へようこそ。


by with-triangle

<   2011年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

6月21日から始まったコスモスレーンギャラリーでのトウキョウミルキーウェイは、キャンドルアーティストのデジャブさんを新潟からゲストに向かえ、中島崇さんの太陽のインスタレーション、タナカマコトさんの切り絵、横山さんの展示、そして、office with Triangleのライブリーディングが行われ、26日のクロージングパーティにはたくさんの方々が集いました。

なんと、トウキョウミルキーウェイ主催者の深瀬鋭一郎さんがご家族できてくださいました!
前日は夜遅くまで銀座でのイベントがあったにもかかわらず、お話を聴くことができ感激しました。
a0154299_10323481.jpg

幻想的なデジャブさんの作品に囲まれ、中島さんの太陽の光を感じながらライブリーディングは1部のあらすじから始まりました。
a0154299_1038178.jpg

みなさんとの一体感を感じながら、リーディングが進みます。
深瀬さんのお子さんが物語の女の子の言葉に反応して声を返してくれました。
ライブリーディングならではの流れに、あの子どもの声がよかったと感想をいただきました。
さくちゃん、ありがとう!
ご来場のみなさんの眠ったいて感性がキャンドルの灯火のようにゆらゆらと動き始め、これからの生活に元気が加わるとよいなぁと思いました。
いろいろなアートを感じる時間をありがとうございました。
出展してくださったアーティストのみなさまとご来場くださったみなさまに感謝。

そして、なにより懐深く、トウキョウミルキーウェイの趣旨に賛同し、何から何までお世話になりましたコスモスレーンギャラリーのオーナー大原さん、本当にありがとうございました。
くうかん実験棟の関係者のみなさま、当日手伝ってくださった立花さん、このイベントに導いていただいた深瀬さん、音楽を快く使わせてくださった井出さん、素敵な日々をありがとうございました!

a0154299_10333175.jpg
a0154299_10335272.jpg
a0154299_1030505.jpga0154299_1031256.jpg
[PR]
by with-triangle | 2011-06-28 10:54 | ライブリーディング
6月28日(日)銀座から受け継いだ灯火を上原のコスモスレーンギャラリーにともす前に、コスモス通りでつながっている東京大学駒場リサーチキャンパスの中にあるくうかん実験棟にて、アートブックレストの展示や建築の本や史織が関わった本を過去みながら、カフェスタイルで皆さんとの交流を楽みました。

a0154299_9553041.jpga0154299_1024287.jpg







そして16時を過ぎた頃からトウキョウミルキィウェイの話が始まりました。
コスモス通りは東西にまっすぐに伸びる通りです。
駒場リサーチキャンパスには1970年代から1980年代まで東大宇宙航空研究所があり、その宇宙(コスモ)の名をとってコスモス通りと名づけられました。
宇宙に一番近い場所で、西に沈む太陽を追いかけてこの日を過ごそう。
太陽が沈んでも、地上に残してくれた自然の恵みを感じながら感謝しようという思いでこのイベントを開催したことや、人間がいきいきと生きていくための根源にアートがあることなどを話しました。

そして今回のこのくうかん実験棟から始まる物語のライブリーディングが始まりました。

私たちは「朗読」といわずにライブリーディングと呼んでいます。
それを行う空間とその時のテーマを意識して伊藤史織が物語を書き下ろし、影山公祐が音と空間と来てくださった方々の息吹を感じながらその物語をリーディングします。

ライブと称しているのは、その時のそのメンバーでしか感じられない物語を受け取ってほしいという思いと、史織の作品はいつも直前に出来上がってくるため、読み合わせもなくいきなり本番、何がおこるか、どうなるか分からないというまさしくライブを楽しんでいただきたいというわけです。

物語を作る前のコンセプトは何度も話し合い、コスモスレーンギャラリーの大原さんにも加わっていただき、「太陽が残してくれたもの」としました。
それに基づいてまず音が構成されます。
それから史織の頭のなかではぐるぐると言葉がめぐり、実際に文字を起こす作業が当日の朝、その日の天気や空気を感じ取り、PCに向かいます。
今回はくうかん実験棟とコスモスレーンの2部構成で14時からカフェタイムが始まるということでさすがに6時には目が覚めました(笑)

ライブ感たっぷりのドキドキハラハラ。
ちいさな女の子が出てくる物語なので、前回に懲りず、というかしかたなく、、史織がその声を担当しました。

このくうかん実験棟だからこそ感じる木のにおいや木肌の触感、自然の気持ちよさ、光の美しさをより身体に取り込めるような物語。
くうかん実験棟の今回のナビゲイトをしてくれたここで構造建築の研究をしている院生の立花和樹さんの言葉をいただいた後、「太陽が残してくれたもの」第1部のライブリーディングの幕が開きました。
[PR]
by with-triangle | 2011-06-28 09:53 | ライブリーディング
今年のトウキョウミルキーウェイは東日本大地震後ということもあり、本当の意味でいろいろなことを考えるものとなりました。
被災された方々に心からお見舞い申し上げます。

TOKYO MILKY WAYは2006年に辻信一氏と深瀬鋭一郎氏が雑誌での対談をきっかけに始まったロハスなアートフェスティバルです。真也の無駄なネオンを消せば東京都心でも銀河が見えるはずだというところから、その名がつきました。

都会でも美しい自然の光を取り戻すような、豊かなライフスタイルを、芸術やキャンドルナイトを通じて提案するものです。

芸術・文化が社会と人間に与えるポジティブな影響力を活かし、たおやかに、優美にライフスタイルを変革し、物質にとらわれることなく本当の意味での心豊かな暮らしを感じるきっかけになれば幸いです。

office with Triangleは渋谷区のコスモスレーンギャラリーと東京大学駒場リサーチキャンパスの協力を得て、トウキョウミルキーウェイに参加しました。

6月25日(土)は銀座のキャンドルナイトツアーに同行。
普段は敷居が高くて入りにくい画廊にも足を運びました。
a0154299_8364162.jpga0154299_846534.jpg
手のひらにキャンドルをのせて作品の前にたたずむと、真っ暗な壁からうっすらと作品が浮かび上がり、より幻想的な味わいを堪能しました。その作品の声を聴くように静かに向き合い、自らの感性のスイッチが入る音も聞こえました。

a0154299_8371675.jpg
a0154299_837431.jpg
かわいいキャンドルアートもあり、楽しいひと時を過ごしました。ツアーに同行した方々とお話しながら銀座の街を散歩し、パーティでは様々な模様ものがあり、大盛況でした。

この灯火を渋谷区上原のコスモスレーンギャラリーに同つながるのかわくわくしながら過ごしました。
[PR]
by with-triangle | 2011-06-28 08:54
トウキョウミルキーウェイの一角で自然の恵を感じながら、アートや建築の話に触れ、そこに流れる音楽や物語や言葉を楽しむひと時を過ごしませんか?
a0154299_20394649.jpg
a0154299_2039586.jpg

その昔、東京の夜空には銀河が見え、その光を見ながら暮していました。銀河はどこに消えたの?
トウキョウが宇宙の果てに近かった頃、自然とあらゆるものが共存し、循環していました。
その本来のライフスタイルをつなぐ感性を吸収できたらいいなぁ。
その想いから、夏至の太陽が一番長くこの地を照らす時期に、電気を消してキャンドルを灯し、自然本来の持つ力に感謝して過ごそうとキャンドルナイトという活動が始まりました。
かつて東京の空に銀河が見えたころのことを思い浮かべて、トウキョウミルキィウェイを復活させようと銀座のギャラリーから始まり、その流れを受けて、代々木上原のコスモスレーンギャラリーもこの活動に参加しています。
太陽を追いかけて西へまっすぐに行くと、陽が沈む方向へ導くコスモス通り。
コスモスレーンギャラリーにキャンドルが灯るまでの時間、その通りにある「くうかん実験棟」を、関係者のご協力を得て、開放していただき、トウキョウミルキィウェイの憩いの場「メゾン・ド・レスト」がオープンします。
ぜひ、遊びに来てください!

【日時】6月26日(日) 2時~4時 :カフェタイム(飲物、お菓子はご持参ください。)
            4時~4時半:ライブリーディング
【場所】東京大学生産技術研究所駒場リサーチキャンパス内くうかん実験棟 目黒区駒場4-6-1 
【map】http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/map/komaba.html (正門からのみ入れます)
【問合せ先】office with Triangle /tel:03-6319-2570  mail:with.triangle@gmail.com 
【詳細】※入場無料
《2時~4時 カフェタイム》 ●アートブックレストを「よむ・きく・みる」ことができます。(エヴィータ)
●くうかん実験棟にまつわる建築のお話が聞けます。(東大大学院建築学専攻院生 立花和樹)
●with Triangleの本や制作活動に関するお話を一緒に楽しめます。(影山公祐・伊藤史織)
《4~4時半 音と言葉と声の世界 第1部》●音楽と物語のライブリーディングを開催します。 
(office with Triangle 語り手・影山公祐/物語作・伊藤史織/協力:音楽・井出祐昭)
※第2部は7時よりコスモスレーンギャラリーにて、キャンドルアート作品に囲まれて行われます。
1部と2部の内容は違います。合わせてお楽しみください。

【コスモスレーンギャラリー】
トウキョウミルキーウェイキャンドルナイト開催中(6月21日~26日)
※26日7時~7時半 音と声と言葉の世界 第2部 コスモスレーンギャラリーにて

a0154299_20323449.jpga0154299_20324492.jpg
ワークショップの詳細はお問合せください。
渋谷区上原2-29-6Kフラッツ(東大リサーチキャンパスと同じくコスモス通り沿いにあります。)
Tel:03-3485-5633 /mail: info@kosmoslane.com
 tel:03-3485-5633  info@kosmoslane.com
[PR]
by with-triangle | 2011-06-23 20:42 | ライブリーディング