音律を持たない自由な振動が響きあうトライアングルのようなものづくりの空間へようこそ。


by with-triangle

<   2010年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

夕焼け

a0154299_107761.jpg

仕事をする場所が新たに加わった。

美しい景色が見える。
なんとかと猿は高いところが好きというが、昔から高いところが大好きで、父の肩車に始まり、消防の梯子車やツリーハウスなど、楽しい想い出がたくさんある。

先日、心理学の本を手にとると高層マンションに住むと気持ちが不安定になり、うつな気分になりやすいとの記載があったが、あたしには全くあてはまらず、高いというだけでテンションがあがる。
西の空に見える夕焼けは毎日違い、時間の流れにそって彩りが変化する。 眺めていると時の流れを忘れてしまう。

昨日、たんこぶを3つ作った。
「大人になってタンコブ作る人ってあんまりいないよね、しかも3つも。波打ってるよ」と貴重がられた。

一瞬にしてたんこぶ3つ。

たんこぶじゃなくて一緒にして作品3つだったらどんなによかっただろうか。

あぁ、なんで作品じゃなくてたんこぶなの!?

波打つ頭をさわりながら、どんなに大変なことがあっても、夕焼けに励まされ、明日もがんばろうと思う。(史織)
[PR]
by with-triangle | 2010-05-28 10:07 | 日々のできごと
a0154299_18555538.jpg

東京大学の駒場リサーチキャンパスの中を歩いているとひょっこり現れる木の建物。

小さなログハウスにも、校庭のトイレにも見える。
中に入ると靴をぬいであがり、いくつも小さな窓な窓から光が注ぎ込まれる不思議な空間が広がっていた。
木の香りが居心地の良さを増す。

ここは東京大学くうかん実験棟である。

そこで空間写真を撮り続ける繁田聡さんの写真展が行われていた。

美しい光を感じる作品とユニークな展示方法で清々しい気分を味わえる作品が並ぶ。

建物も写真も楽しめる。

いろんな世界観をかもし出した作品を見た後で、外にでると、煙る霧雨の中、芝生の緑が浮かび上がり、幻想的だった。

たまには散歩しながら、不思議な体験をするのもよいなぁ。
[PR]
by with-triangle | 2010-05-24 18:55 | アート:art

シューゴくん

昨年夏、札幌から東京に夏休みを利用して遊び来ていたシューゴくん。

出版社が経営するカフェで、熱心に「生きるために人は夢を見る」の本を手にとり読んでいた。

せっかくだから感想を聞いたら、実は大学4年生で就活に悩み、先輩を頼って東京にきたというではないか。
まさにこの本、ぴったりですねと苦笑いしていた。

1ヶ月後に札幌に出張が決まっていたので札幌での再会を約束した。

札幌ではたくさんの友人を紹介してくれて、初めての地なのにとても楽しい出張となった。

その後、音沙汰なく、今年の春に連絡をもらう。
俳優になるために上京したというではないか!?
しおりたちの話を聞いてると、やっぱすきなことしてる人の方がイキイキしてる!と感じたかららしい。
地方出身者しかいない養成所に入り、こんなんじゃ俳優にはなれないなと気づき始めた彼に、本物の芝居を見せようと友人の出演している劇場に足を運んだ。

これがすごかった!

なにがどうということがいえない。舞台ならではのすごさ。
そこにいないと味わえない感覚を、そこにいない人と共有できない。

ハッと気づいた。
自分が持っているエネルギーをちゃんと使いきっているだろうか。
シューゴのことを気にかける余裕など全くないことに気づく。

体が急に固まった。

かなりショックを受ける。もう、ガンガンやるしかない。やり抜いて初めてこれがやりたかったんだと気づくのだ。

そんな勢いと熱をもらった。

7月には元ボクサーで現在俳優の大嶋宏成氏が初舞台に立つ。
「とにかくいいものを作るので絶対見に来てほしい」と熱を与えてくれた。

熱を受け取るばかりではやばい!
発散せねば!!!(史織)
[PR]
by with-triangle | 2010-05-22 22:49 | 日々のできごと

舞台の魔力

劇団MOPの看板女優キムラ緑子さんの出演するミュージカル、”イカれた主婦”を観に行った。

ミュージカル自体そう見てないけど、何より舞台観劇そのものが相当久しぶり。
そう言えば、演劇を学んでいた大学生の時、卒業式の後クラスメイトを集めて教授が言ってたな。

『みなさん、これからも観客でいるのを忘れないで下さい。』

クラスに俳優や演出家、脚本家がたくさん居る状況だった学生時代は、友人の関わる公演に足を運ぶのは日常だった。
けれど社会人になり、みなそれぞれの仕事を持ち、物理的にも学割が利かなくなり、舞台そのものから疎遠になって行く。

それでも、舞台のもつ迫力、魅力、感動を忘れず、劇場に足を運ぶワクワクを持ち続けて欲しい。
といったニュアンスだった。
そうだよな、と、たいそう感動したのを今でも覚えている。





舞台はやっぱり凄かった。
カーテンコールで総立ちの観客。その中の一員の僕。拍手に応える出演者。
生の、あの空気をあの時間共有したものにしか感じられない衝撃。
劇場の一部になった感覚。

やっぱり、舞台はいいねえ。




ミュージカル、”イカれた主婦”は5/23まで。

(art coordinator K)
[PR]
by with-triangle | 2010-05-20 11:07 | そして、幕があがる(演劇)

お月さまの上の金星

あっというまに月日はすぎ…。
GW辺りから、それぞれの新しい仕事も始まり、ドタバタと走り回ってます。

そんなときに、

「空を見上げてくださいね、月の上の金星がきれいです」

とNちゃんからメールが届いて夜空を見上げ、お月さまを探した。

うっすらと月の底の部分がスマイルの口のような形で浮かび上がり、その上に金星が輝いていた。
月は金星のきらめきをこぼさないための受け皿のようにも見える。

わぁぁと思わず声がでた。
その声につられて、通りがかりのカップルも月と金星を見上げて、きれいだね!と一瞬足を止めて眺めていた。
その後、一緒のエレベーターに乗り合わせ、月と星ならどっちが好きかという話題で盛り上がった。

「忙しい」というのは単なる言い訳でちょっとした時間の隙間からこころにゆとりを取り戻せた。
ほっとする瞬間を持てば、行動のスピードも加速し、頭の切替も早くなる。

Nちゃん、夜空速報ありがとう。(史織)
[PR]
by with-triangle | 2010-05-17 16:40 | 日々のできごと

手作りPIZZA

a0154299_1428432.jpg

a0154299_14284387.jpg

a0154299_14284314.jpg

a0154299_14284332.jpg

ゴールデンウイークいかがお過しでしょうか。
気分転換にピザを作りました!
粉をこねたりのばしたり。粘土遊び感覚で楽しい。
生地を発酵させてる間にルッコラを採取。

季節のしらすとそら豆のピザと筍とトマトとモッツァレラチーズのピザ、そして冷蔵庫の残ったチーズ総動員のミックスチーズピザ。
ゴルゴンゾーラチーズがきいててハチミツをかけていただきました。

意外と簡単なのでぜひチャレンジしてください。
[PR]
by with-triangle | 2010-05-01 14:28 | 日々のできごと