音律を持たない自由な振動が響きあうトライアングルのようなものづくりの空間へようこそ。


by with-triangle

カテゴリ:映画:movie( 2 )

キラキラした東京をスクリーンの中に映し込んだ前々作、”ロスト・イン・トランスレーション”でソフィアコッポラに出会った。
僕らが普段見ている東京とは少し違う、レンズ越しにみた、つるんとした東京が、たくさんのネオンが光る東京が一人の外国人スターの孤独を美しく描いていた。
やさしいなあととても強く思ったのを覚えている。

新作、"SOMEWHERE"のなかにも、彼女のつくる優しく美しい孤独がとても奇麗に写っていた。
なんでも、審査員だったクエンティンタランティーノは絶賛だったらしく、
一人きりで抱える寂しさが、だれかに出会い癒され、愛情を交換していく作風の彼の感性にも真っすぐ届いたのだろうか。
a0154299_12253475.jpg


そして音がいい。
反則だよ、それは(笑)というタイミング。選曲。
古典的な手法で伝えられる車のエキゾーストノート。臨場感は強くなる。

見終わった後に、ホッとする。
強いエクスタシーはない。ハリウッドのお得意技はない。
だが映画の本質がある。
あ、人生って、少しいいかもな。そう思わせてくれる、スクリーンの向こうの媚薬。
自分の生活への帰り道、少しだけ足取りが軽くなる。
そんな映画だ。


ソフィア、やっぱり凄くいいと思う。
こんな映画を、もっともっと作って欲しい。



映画SOMEWHEREは2011年、4月2日(土)より一般公開。
なお1月中旬、監督のソフィア・コッポラと主演のスティーブン・ドーフが来日予定だそうです。

僕的には、、、ヒロイン役のエル・ファニングに会いたかったなあ…。
(エル・ファニング=I am Samでダゴタ・ファニング演じるルーシーの幼少期を演じた子役女優
 ぶっちゃけ、めちゃめちゃ可愛い。)



art coordinator K
[PR]
by with-triangle | 2010-12-21 12:36 | 映画:movie

 Lost in translation

東京がちょっと違って見える映画。
2003年。
日本在住歴のある、監督ソフィアコッポラの自叙伝ともいわれている。
上京したばかりの頃に見えていた
ピカピカした東京が映し出されている。

a0154299_0123366.jpg

Lost in translation

東京にいたら、きっとこんな風に楽しい。
そう思える映画。



(Staff K)
[PR]
by with-triangle | 2010-02-22 00:11 | 映画:movie