音律を持たない自由な振動が響きあうトライアングルのようなものづくりの空間へようこそ。


by with-triangle

ジェットセッターになりたい

ジェット・セッターという言葉をご存知でしょうか?
飛行機を駆り、なんの気なしに、まるで自分の庭のように世界を飛び回る人。という意味。
世界を股にかけるビジネスマンやクリエーターや旅人などにむけて、その行動力に敬意を表して
彼らをジェットセッターと呼ぶ。

ジェットセッター。
なんてカッコいいんだ。初めてその言葉を聞いたとき思った。


僕にとっての初めてのジェットセッターは、リオデジャネイロに本拠地を持つ、あるファッションデザイナーだった。
トロピカル・プラダとの異名を持つブランド、OSKLENを率いるデザイナー。オスカー・メツァヴァト。
a0154299_22455859.jpg



彼は言う。
人生はサーフィンだ。そしてチャンスには大胆でなければいけない。
たとえ話がある。
そこはインタビューをしているオフィス、リオデジャネイロだ。
友人からメールが入る。
「波がいいんだ。今からモロッコに集合しないか?」
オスカー答える。
『もちろん行くさ。』
とその足でモロッコに向かう。






来月3日、そのオスカーが来日する。
二子玉川の高島屋に、都内2店舗目となるOSKLENのshopがオープンする。
そのオープニング記念のカクテルパーティーにオスカー本人がやってくると言うのだ。


来月のスケジュールはまだ分からない。
東京に居るかも不明だ。
だが、会いたい人がそこにいる。
そんな時に、会いに行く為に軽々と空を飛び、海を渡る。
それこそがジェットセッターだ。


胸が高まる。

オスカーは言っていた。
『何の為に空を飛ぶのか。
優雅な休暇や、仕事の為ではない。
ただ、感動を求めてだ。』

彼に会えるのを、心待ちにしている。
OSKLEN HP



art coordinator K
[PR]
by with-triangle | 2010-08-24 22:48 | ファッション:fashion