音律を持たない自由な振動が響きあうトライアングルのようなものづくりの空間へようこそ。


by with-triangle

野生のリスに遭遇

a0154299_16423635.jpg

出張先のランチタイムに森の中のレストランに連れていっていただく。

閑静な住宅街に突如あらわれた小さな森。

かわいらしい一軒家の1階がレストラン。
地元の食材を使い、その味の特性を活かした料理をいただく。

特に自家製の生ハムは素晴らしく、ディナーだったらワインが飲めたのになぁと、うらめしく思った。

窓からは庭とそれにつながる森が見える。

風もないのに橙の実がふさふさとゆれた。

リスだ!

リスが大きな橙の実を取り、ボリボリと皮を器用に向きながらむしゃむしゃと実を食べている!

お店のマダムが
「あんな高いところの実はどうせ採れないからリスに食べてもらっててるんですょ。橙は人気なんだけど、隣の木の夏みかんはひとつも持っていかないのょ。お口にあわないみたいで…」
と、穏やかにおっしゃる。

夜にはあらいぐまやハクビシンもあらわれるらしい。
美しい自然の中で共存するためのすてきなエピソードをうかがい、食事はますますおいしくなった。

その会話を聞いていたシェフが、話題にでた橙のゼリーを急遽サラダに添えてくださった。

今度は、ディナータイムにワインを飲みながら、あらいぐまとの対面を楽しみに訪れたい。(史織)
[PR]
by with-triangle | 2010-03-04 16:42 | 日々のできごと